あなたが知りたい妊娠の真実が明らかに・・・

生理痛の原因

 

 

生理痛は「機能性」の生理痛、「器質性」の生理痛と二つに分けることができます。」

 

「機能性」の生理痛とは、体質やストレスが原因となって起き、若い女性や妊娠出産を経験していない場合が多いのですが

 

病気というわけではありません。

 

初潮を迎えた初めのころは、子宮が未成熟で生理の血が外にうまく流れ出ないために痛みをともなうことも多く、

 

その場合子宮の発達や出産を経て、子宮口が広がりその後痛みが軽減されます。

 

よく病院で「子供を産めば治るよ」と言われるのはそのためです。

 

だからといって何もしないと生理痛は痛いままです。

 

「機能性」の生理痛がよりひどくなるのは「冷え」です。

 

お腹を温め、ヨガをし、漢方やハーブでリラックスと体の温めを意識し、

 

痛みを軽減させていきましょう。

 

 

 

 

もうひとつの「器質性」の生理痛これは妊娠と深くかかわりがあります。

 

子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、子宮の奇形などもこれにあたります。

 

月経量が多い方、徐々に月経量が増えてきた方

 

あまりに強い痛みがお腹や腰にある方、

 

年々月経痛がひどくなる方は、「器質性」の生理痛である可能性が高いので

 

一度、産婦人科のお医者さんに相談してみたほうがいいかもしれません。

 

生理痛とセックス時の下腹部痛の症状があれば子宮内膜症の可能性が高いです。

 

内膜症で卵管が癒着したり排卵障害となったりして不妊の原因となっている場合も多く

 

「ただの生理痛」とは思わないでください。

 

 

 

 

 

子宮内膜症について

思わずうずくまってしまうほどしまうほどの生理痛ですか?

 

それはたぶん子宮内膜症です。

 

子宮内膜症は30歳代の女性の5人に1人がかかっている病気だと言われています。

 

子宮の内側をおおっている子宮内膜がなんらかの原因でほかの場所に飛び火し、

 

卵巣や卵管、腸などいろいろな場所に発生するのです。

 

飛び火した内膜は、子宮内膜と同じく女性ホルモンの影響を受けながら

 

生理周期にあわせて増殖や出血を繰り返すのですが

 

この病気の怖いところは

 

出口のない卵巣の中でも増殖が繰り返される場合があるということです。

 

子宮で増殖されれば、生理となって外にでますが

 

卵巣に出口が無いため、古い血液が卵巣にたまっていっぱいになってしまい

 

激痛を伴うのです。

 

初期のころは無症状が多いのですが、病状がすすむに連れて、

 

立てなくなるほど生理痛がひどくなったり、腹痛や下腹部痛、排便痛、性交痛を感じることもあります。

 

また、卵管がつまってしまい、受精がうまくいかずに妊娠しにくくなったり、不妊症の原因になることもあります。


無料 妊娠対策ガイド

アンケートお答えしていただければ、無料にてメールによる妊娠対策ガイドを行います。
遠慮なくご活用ください。



 
不妊症について 妊娠のサプリメント 妊娠成功ガイドブック アキュモード式妊娠術 しあわせ妊娠マニュアル