XAMPP入門

2.PHP

(5)制御文

PHPでの制御文は、C#やJavaScriptに準じており、それらの言語を知っている人はすぐに理解できます。

if、else、elseif

比較演算子:== , != , < , > , <= , >=

論理演算子:and , or , xor , ! , && , ||
 and と && は同じ意味
 or と || は同じ意味
 xor は排他的論理和

三項演算子:? : 

【例】
samp01.php

<?php
  $a = 100;
  if($a>50){
    echo "Big";
  }
  else{
    echo "Small";
  }
?>

samp02.php

<?php
  $a = 100;
  echo ($a>50) ? "Big" : "Small";
?>


switch

switch  case default

【例】
samp03.php
<?php
  $a = 10;
  switch($a){
    case 5:
      echo "5です";
      break;
    case 10:
      echo "10です";
      break;
    default:
      echo "5でも10でもない";
  }
?>



while 、 do while

式の結果がTRUEの間、ループをします。
while と do while の違いは、whileは式の結果で1度も実行されないことがあるのに対し、do whileは最低1回は実行されます。

【例】
samp04.php
<?php
  $a = 10;
  echo "whileの場合<br>";
  while($a<5){
     echo $a . "<br>";
     $a++;
  }

  $a = 10;
  echo "do whileの場合<br>";
  do{
     echo $a . "<br>";
     $a++;
  }while($a < 5);
?>


for

C#やJavaScriptの for と同じ書式です。

【例】
samp05.php
<?php
  for($i=0;$i<100;$i++){
    echo $i . "<br>";
  }
?>


break 、 continue

break および continue は、while と for のループ処理を行っているとき、途中でループを制御します。

break・・・ループを抜け出す
continue・・・ループをスキップする

【例】
samp06.php
<?php
  $i=0;
  while(1){
    $i++;
    if($i<5)continue;
    if($i>10)break;
    echo $i . "<br>";
  }
?>
※無限ループ
 while(1) もしくは for(;;) を使います。
 ただ、これはサーバーに負荷をかけるので、使用するには十分に注意する必要があります。


foreach

配列の全要素を取り出すループで利用します。
forとは違いループカウンタ変数がいりません。
【例】
samp07.php
<?php
  $str = array("名","古","屋","工","学","院");
  foreach($str as $value){
    echo $value;
  }
  echo "<br>";
  foreach($str as $key => $value){
    echo "$key:$value<br>";
  }
?>
※ファイルを保存するとき、文字コードをUTF-8にしておかないと文字化けします。
※「”」で囲われた文字列の中に $変数名 を入れることができます。



Copyright (C) NKC All Rights Reserved.