XAMPP入門

2.PHP

(2)定数・変数・配列

コメント

1行のみのコメント
// コメント

複数行のコメント
/*
  コメント
  コメント
*/


定数

  1. define() 関数を利用するもの
    <?php
      define("PAI", 3.14);
      define("NKC", "Nagoya Kougakuin");
      echo PAI + 1;
      echo NKC;
    ?>
    

  2. const 構文を利用するもの
    <?php
      const PAI = 3.14;
      const NKC = "Nagoya Kougakuin";
      echo PAI + 1;
      echo NKC;
    ?>
    

const は、 PHP5.3 で導入されたもので、それ以前のバージョンでは利用できません。
互換性を考えるとdefine()関数を使うのが無難です。


変数

1.変数は「$」で始める。
2.変数に使える文字は英字、数字、「_」のみ。
3.変数名の始まりに数字は使えない。
4.変数名の大文字と小文字は区別される。
5.変数の型は自動で判断される。型には論理型、整数型、浮動小数点型、文字列がある。
6.文字列の連結は「.」を用いる。

<?php
$a = 123;
$b = 12.34;
$c = "ABC";
$d = true;
echo $a+$b;
echo "<br>";
$c = $a . $b . $c;
echo $c;
echo "<br>";
echo $d;
?>
※echo()関数は表示を行います。


可変変数

可変変数とは、変数名を変数に代入することでつけることができる変数のことです。
<?php
$aaa = "bbb";
$bbb = "ccc";
echo $$aaa;
?>


配列

配列の宣言

[ ]を使った宣言
<?php
$sosu[] = 1;
$sosu[] = 2;
$sosu[] = 3;
$sosu[] = 5;
$sosu[] = 7;
echo $sosu[0];
echo $sosu[4];
?>

[ ]と添え字を使った宣言
<?php
$sosu[1] = 1;
$sosu[2] = 2;
$sosu[3] = 3;
$sosu[4] = 5;
$sosu[5] = 7;
echo $sosu[1];
echo $sosu[5];
?>

array関数を使った宣言
<?php
$sosu = array(1,2,3,5,7,11,13,17,19,23);
echo $sosu[0];
echo $sosu[9];
?>


連想配列

配列の添え字にキーワードを入れた配列です。
<?php
$code["a01"] = 100;
$code["b01"] = 200;
$code["b02"] = 300;
$code["c01"] = 400;
echo $code["b02"];
?>


多次元配列

多次元配列の宣言。配列の中に配列が入っている形で宣言する。
<?php
$code = array(array("a01","b01","b02","c01"),array(100,200,300,400));
echo $code[0][1] . ":" .  $code[1][2];
?>



Copyright (C) NKC All Rights Reserved.